「モテ料理」「愛され」に違和感 バービーさんの信条

有料会員記事

聞き手・三島あずさ
[PR]

お笑い芸人・バービーさん

 ウェブでの連載や下着のプロデュース、ラジオパーソナリティー、町おこしなど、近年活動の幅を広げている芸人のバービーさん(37)。ジェンダーをめぐる、独特な感性と言葉による発信も注目されていますが、「『大きな主語』では語らないようにしている」と言います。その理由は――。

     ◇

 芸人がちょっと思想めいたことや政治的なことをしゃべると「笑えなくなる」と言われるのではないか。そんな怖さがあり、ジェンダーについてオープンな場で話すことは、最近までしてきませんでした。

 ただ、「理屈としてどうなんだろう」と思うことについては、ジェンダーに関連する話題も含め、親しい芸人同士でよく話していました。あくまでもディスカッションすること自体を楽しんでいたのですが、例えば「レディースデーは性差別なのか」とか、「こっち(男性)は(女性と歩く時)リスクを負いながら車道側を歩いているんだぞ」みたいな会話をしながら、お酒を飲んでいました。

 「理屈として、どう考えてもおかしい」と思うことについて、誰かと初めてまっとうにケンカをしたのは20代半ばのある夜です。

 帰り道に痴漢と遭遇し、私と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]