[PR]

 消費者庁は3日、根拠のない発毛効果を宣伝して育毛剤を販売したとして、「T.Sコーポレーション」(東京都港区)に対し景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。

 同庁によると、同社は「BUBKA ZERO」と称する育毛剤を販売。2019年7月と9月、「有名大学がマウス実験で実証」「たった2カ月で髪がフサフサになったんです」といった広告をニュースサイトなどに掲載し、短期間で薄毛の状態が改善されるかのような表示をした。

 同社は根拠となる資料を消費者庁の求めに応じ提出したが、同庁は発毛再生のメカニズムを含め合理的な裏付けはないと判断した。

 同社は外部の会社とアフィリエイト(成功報酬型)の広告契約を結んでおり、広告内容も把握していたという。(兼田徳幸)