「集団接種が困難に」 日本医師会長、宣言延長求める

新型コロナウイルス

久永隆一
[PR]

 新型コロナウイルスに対する首都圏4都県への緊急事態宣言の期限が7日に迫るなか、日本医師会の中川俊男会長は3日の会見で、「緊急事態宣言を延長すべきだ」と語り、政府に慎重な検討を求めた。

 延長を求める理由として中川氏は、解除するまでに十分に感染者を抑え込まなければ、4月以降に感染がまた拡大する「第4波」を招く恐れがあるとし、「(今後)本格化する全国のワクチン接種を妨げかねない」と説明した。

 中川氏は、第4波となれば感染力の強い変異株が主体になるとしたうえで、多くの住民が集まる集団接種の会場では「三つの密を避けることが非常に困難になる」と警告。感染が拡大する中では、住民へのワクチン接種が滞りかねないと懸念を示した。

 また、宣言を解除した場合には、営業時間の短縮命令に違反すれば過料を科せる改正特別措置法の「まん延防止等重点措置」の活用も選択肢に入るとの見解も示した。具体的には、政府の分科会の指標でステージ2(感染漸増)の水準まで感染を抑えてから緊急事態宣言を解除し、さらに重点措置の実施によって感染対策を徐々に緩めていく手法を提案した。(久永隆一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]