過酷な船外活動、野口飛行士が5日に挑戦 NASA中継

小川詩織
[PR]

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一飛行士(55)が日本時間5日夜、船外活動に挑戦する。新型太陽電池の設置に向けた準備や、船外にあるビデオ送受信機の交換などを行う。日本人の船外活動は2018年2月の金井宣茂飛行士以来。野口さんの船外活動は05年以来4回目で、日本人最多となる。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の発表では、野口さんの船外活動は日本時間5日午後8時から6時間半の予定。米国のキャスリーン・ルビンズ飛行士と2人で挑む。当日は米航空宇宙局のNASATVが、船外活動の様子をライブ配信する。宇宙服の太ももと背中に赤いラインが入っているのがキャスリーン飛行士、ないのが野口さん。

 会見で解説した金井さんは「当日は朝ご飯をかき込みながら準備し、活動中は飲み物のみで夕方まで作業する。硬くてごわごわの服を着て、針金を結ぶような細かい作業を6時間以上続けることは体力、筋力を使う過酷なもの。ISSに戻ってきた時にはぐったりしていた」と語った。その上で「地上の管制チームも巻き込んだ祭りみたいで大盛り上がりだった」と振り返った。(小川詩織)