NTTからも高額接待か、複数の総務省幹部 文春報道

[PR]

 総務省の谷脇康彦総務審議官ら複数の幹部が、NTTグループ側から高額な接待を受けていたと、3日付の文春オンラインが報じた。NTT広報室は朝日新聞の取材に「(報じられた)会食を行ったことは事実」と認めたうえで、「詳細については確認中」としている。

 菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」からの接待問題で追及を受けていた谷脇氏は今国会で、他の放送事業者通信事業者と会食したことがあることは認めつつ、「国家公務員倫理法に抵触する恐れがある会食をした事実はない」と強調していた。

 報道によると、NTTの澤田純社長らから接待されたのは谷脇氏のほか、総務省の巻口英司・国際戦略局長と前内閣広報官の山田真貴子氏。昨年6月に巻口氏と総務審議官だった山田氏は1人あたり約5万円、谷脇氏は2018年9月~20年7月に計3回、17万円超の接待を受けたとしている。

 国家公務員倫理規程では、利害関係者が費用を負担する接待は禁じられているほか、割り勘でも1回1万円を超える飲食は事前の届け出が必要だ。総務省秘書課によると、谷脇氏ら3人の会食はいずれも届け出がなかったという。

 谷脇氏は18年7月に通信行政を担う総合通信基盤局長に就任。菅政権の目玉政策となった携帯料金の値下げを牽引(けんいん)してきた。東北新社からは4回、11万円超の接待を受けたとして、減給3カ月(10分の2)の懲戒処分が出ていた。

 谷脇氏は3日夜、報道陣の問いかけには応じず、無言で総務省を後にした。

 総務省の担当者は「事実関係を把握していないのでコメントは控える」とし、事実確認を進める方針だ。