[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が2週間延長される方向になった。現状をどうみるのか。東京都のモニタリング会議メンバーで、国立国際医療研究センターの大曲貴夫・国際感染症センター長に話を聞いた。

 ――今めざすべき目標をどう考えますか。

 東京都の1日の新規感染者を100人以下、できれば50人以下にすべきだと思います。

 1日200人や300人の水準で、緊急事態宣言を解除してリバウンド対策をしても、効果は限定的でうまくいかないのではないでしょうか。

 ――その理由とは?

 都内の医療機関や高齢者施設でクラスター(感染者集団)も起きていて、高齢者の新規感染者数は12月上旬と同レベルです。

 感染者がまた増え始めると医療体制に負荷がかかり、すぐに危険な状態になります。

 感染経路や濃厚接触者を特定す…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら