みずほのATM、また障害 東京・大阪などで29台停止

箱谷真司
[PR]

 みずほ銀行は3日夜、ネットワークが遮断する障害が発生し、東京や大阪など28拠点にある29台のATM(現金自動出入機)が顧客のキャッシュカードを取り込むなどして最大約3時間停止したことを明らかにした。

 みずほ銀によると、障害は3日午後8時ごろ発生。業務システムを置いている2カ所の拠点を結ぶネットワークの機器に不具合が生じたのが原因だった。この影響でATMがカードを取り込むなどの障害を引き起こしたという。不具合は3分後に復旧し、3日午後11時10分時点で、すべてのATMが稼働を再開していることを確認したという。

 みずほ銀では、2月28日に定期預金のデータ処理を発端にシステム障害が発生したばかり。3日夜の障害はこれとは別の要因で起きたという。

 2月28日の障害では3月1日午後3時までの間、全国で最大4318台が停止。カードなどをATMに取り込まれる被害が5244件起きた。原因究明と再発防止策づくりを進めているさなかに新たなトラブルが発生したことで、システムの徹底的な点検と対策を求められそうだ。(箱谷真司)