スペインの高齢入所者、感染95%減 ワクチン効果か

新型コロナウイルス

パリ=疋田多揚
[PR]

 スペインの高齢者施設で新型コロナウイルスに感染した人が、1月から2月にかけて95%減少したことがわかった。ワクチンを入所者に優先接種した効果が表れ始めたとみられる。スペインの政府機関が2日に公開した報告書をもとにAFP通信が報じた。

 同通信によると、1月18~24日の1週間で、スペイン国内の高齢者施設で感染した人は4439人だった。感染者は週を追うごとに減り、2月15~21日の1週間では215人にまで激減した。同じ時期に施設でコロナで亡くなった人も、673人から157人と77%減った。

 スペインではこれまでの7万人近い死者のうち、高齢者施設で亡くなった人が3万人近くを占める。全体の死者の95%が60歳以上だ。政府は昨年12月末にワクチンが供給されて以来、高齢者施設の入所者とスタッフを優先的に接種してきた。

 これまで2回接種できたのは約130万人で、全人口の3%足らずだが、約35万2千人いる高齢者施設の入所者に限ってみれば、94%が1回の接種を終え、2回接種した人は82%に上る。政府は秋までに全人口の7割に接種を終えることを目指している。(パリ=疋田多揚)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]