[PR]

 参院予算委員会で4日午前、菅義偉首相らが出席して基本的質疑が始まった。開会に先立って開かれた同委理事会で、野党側は、菅首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部らが繰り返し接待を受けていた問題をめぐり、長男をはじめとする同社関係者の参考人としての出席を要求した。

 これに、与党筆頭理事の青木一彦氏(自民党)は「民間人であり、(参考人としての出席は)抑制的であるべきだ。同意できない」として応じなかった。

 理事会での議論は平行線をたどったため、予算委の開会が約5分遅れた。