[PR]

 千葉県知事選が4日告示され、いずれも新顔で過去最多となる8人(午前11時現在)が立候補を届け出た。新型コロナウイルス対策や災害対策、道路整備などについて論争を繰り広げる。21日に投開票される。

 立候補を届け出たのは、前千葉市長の熊谷俊人氏(43)、政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、医師の加藤健一郎氏(71)、元予備校講師の金光理恵氏(57)、元県立高校長の皆川真一郎氏(66)、前自民党県議の関政幸氏(41)、政党党首の平塚正幸氏(39)、人材派遣会社長の河合悠祐氏(40)。

 3期12年務めた森田健作知事は立候補せず、今期で退く。自民は関氏を推薦し、立憲民主党県連は熊谷氏を支援する。この2人を軸に選挙戦が展開されそうだ。共産党は金光氏を推薦している。

 熊谷氏は「県民党」を掲げ、3期務めた千葉市長としての実行力、経験をアピールする。県議を3期務めた関氏は政権与党との連携や弁護士の知見を生かした条例づくりの実績を訴える。金光氏はコロナ禍で減収した事業者への経済支援やジェンダー平等社会の実現を掲げる。

 知事選は7日告示の千葉市長選と投開票が同じ日で、「ダブル選」になる。

 新型コロナ対応の緊急事態宣言が続く中、各陣営は難しい選挙戦を強いられている。第一声では、密集しないよう支持者らの人数を抑える陣営もみられた。(届け出順、四角囲み政党は推薦)