[PR]

 福岡県篠栗(ささぐり)町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして、母親と知人の女が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件で、男児が亡くなる2年前、女が母親から架空のトラブルの示談金名目で50万円をだましとっていた疑いがあることが、捜査関係者などへの取材でわかった。母親は実際にトラブルを解決してくれたと信じ込み、これを機に女の指示通りに動くようになったとみられるという。

 福岡県警の発表によると、逮捕されたのは、無職碇(いかり)利恵容疑者(39)と知人の無職赤堀恵美子容疑者(48)。両容疑者は共謀し、碇容疑者の三男、翔士郎(しょうじろう)ちゃんに十分な食事を与えず低栄養状態にして死なせた疑いがある。県警は、赤堀容疑者が碇家の家計を実質的に管理し、衰弱した翔士郎ちゃんを保護する責任があったとして同容疑を適用した。碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は「一家の食事などを管理したことは一切ない」と否認しているという。

 捜査関係者などによると、両容疑者は同じ幼稚園の保護者同士。2018年5月ごろ、赤堀容疑者が「私たち2人が、幼稚園の別の保護者の親族から裁判で訴えられている」とうそをつき、「暴力団と関係がある知人に仲裁してもらおう」と提案。碇容疑者は示談金として50万円を赤堀容疑者に渡し、問題を解決してくれたと信じる赤堀容疑者に信頼を寄せていったとみられるという。

 県警によると、赤堀容疑者は碇…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら