[PR]

 サルヴァトーレ・フェラガモが2021年秋冬コレクションを発表した。時空を超えた旅を思わせる映像で始まり、モデルたちがまとう服はシャープで未来感がある。1990年代のSF映画「ガタカ」「夢の涯てまでも」「マトリックス」などから着想を得て、「新しいユニホーム」を提案したという。

 ポケットやフラップがアクセントになったジャケットやコート、ウェットスーツのように体にぴったり沿うトップス、フード付きのポンチョ風アウターなど、ミリタリーやスポーツといった様々な要素をとり入れた。水色や緑、ピンクやラベンダーなどきれいな色が並び、明るい未来を求めるようなコレクションだった。

 デザイナーのポール・アンドリューは「未来のかけらを通して現在をみすえることで、様々な新しい観点を解き放つコレクションを構築したいと考えた。今こそ再考、再構築、前に進むことを決心して団結するべき時であると考えている」などとコメントした。(神宮桃子)