宮内庁は4日、発作性心房細動の症状で入院していた三笠宮妃百合子さま(97)が聖路加国際病院(東京都中央区)を退院した、と発表した。症状が治まり、食欲もあるという。

 百合子さまは1日早朝、脈拍数が多かったことから入院し、投薬による治療を受けていた。