[PR]

 川崎市の路上で2019年1月、指定暴力団稲川会関係者の男女2人が銃で撃たれて重傷を負った事件で、神奈川県警は4日までに、指定暴力団住吉会系組長の土屋和雄容疑者(56)=埼玉県入間市=ら5人を殺人未遂と銃刀法違反の容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは土屋容疑者のほか、指定暴力団絆会傘下組織の組長や住吉会傘下組織の幹部ら。

 5人は共謀して19年1月17日夜、川崎市川崎区大島2丁目の路上で、稲川会傘下組織の50代の男性組長ら3人に向けて拳銃を数発撃ち、40代女性と同会関係者の50代男性に重傷を負わせた疑いがある。

 3人は車を降りたところを狙われた。県警は、暴力団組織同士の抗争ではなく、個人的なトラブルから組長が狙われたとみて、周辺の防犯カメラ映像などから捜査していた。実際に銃弾を発射したのは1人とみており、逮捕した5人の役割分担を調べている。

 現場はJR南武線小田栄駅の北東約1キロの住宅街。