[PR]

 ジョルジオ・アルマーニのテーマは「Nocturnal(夜行性)」。夜を思わせるダークカラーに、水色やピンク、グリーンなど明るく柔らかい色が差される。いつも以上に穏やかでロマンチックなコレクションだ。

 シルエットはほっそりと流れるよう。素材はデザイナーのアルマーニが好んで使用する、つやのあるベルベットが多く使われている。曲線を描くフリル状の飾りやきらきらとしたビジュー飾りが、優しくフェミニンな雰囲気を盛り上げる。

 ブルゾンや太めのパンツなどカジュアル感のあるアイテムにも、アルマーニらしい上品な量感が加えられた。

 ランウェーの中央に置かれたのは、ゴリラをかたどった大きなオブジェ。映画のセットの一部に使われたものをアルマーニが引き取り、自宅に飾っているものだという。ゴリラは絶滅が危惧されている動物。アルマーニは「自然界を守ることの大切さを人々に思い出してもらうことが、今まで以上に必要だと思ったから」とコメントした。(編集委員・高橋牧子)