[PR]

 4日の参院予算委員会で、国民民主党の足立信也氏は、総務省の谷脇康彦総務審議官ら同省幹部がNTTグループ側から高額な接待を受けていたと週刊誌に報じられ、加藤勝信官房長官が4日の記者会見で谷脇氏が会食の事実を認めたと明らかにした問題を取り上げた。

 谷脇氏は、菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社からの接待問題をめぐるこれまでの国会答弁で、他の放送事業者や通信事業者と会食したことは認めつつも、「国家公務員倫理法に抵触する恐れがある会食をした事実はない」と述べていた。

 足立氏は「明らかに虚偽答弁だ。これを防ぐためには証人喚問しかないんじゃないか」と指摘。調査のため総務省が立ち上げた検証委員会についても、接待について「これ以上のものはないと認定している。機能していない」と述べ、官僚、政務三役も含め政府全体を対象とした検証を行うよう菅義偉首相に強く求めた。

 首相は「具体的な疑いがあれば、適切に対処するのは当然のことだ」としたうえで、「ルールを順守し、公正な職務執行にそれぞれの官庁の職員は努めてほしい。各大臣が中心になって政務三役を含めてルール順守を徹底し、国家公務員は常に中立性・効率性を保ち職務を執行することを徹底してほしい」と答弁した。

 足立氏は首相の答弁について、「当たり前のことをおっしゃっているだけであって、自分がこれから何をするかという発言はなかった。非常に寂しい答弁だった」と批判した。