「申し訳ないな」日々思ってます(笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考)

有料会員記事

[PR]

藤村忠寿(HTB「水曜どうでしょう」チーフディレクター)

 「本当に申し訳ないな」と思っていることがたくさんあります。昨日だってそうです。大きなアニメ作品に「声優として参加してほしい」というオファーを受けて、大事な打ち合わせがありました。その前に別の仕事でランチをしながらの気楽なミーティングがありまして、ついビールを飲んでしまい、思いのほか話が盛り上がって結局3杯飲んでしまって気がつけば時間もギリギリ、急いで打ち合わせの現場へと向かいました。

 息を整えてドアを開けると関係者はすでに勢ぞろい。無論わたくし、若干の赤ら顔であることは自覚しておりました。だからこそ普段よりも丁寧に頭を下げてあいさつをし、普段よりも丁寧な言葉遣いを心がけ、普段よりも耳を研ぎ澄ましてお話を聞き、普段以上に積極的に発言をしました。けれども「あ、この人、飲んでるな」と、その場にいる全員にバレていたのは間違いのないことで、だから「本当に申し訳ないな」という気持ちがいっぱいでありました。

 あとはその、わたくし出張が多くて家にいる時間が少ないにもかかわらず、家ではついついひとりで朝方までゲームに没頭してしまうんです。「ワールド・オブ・タンクス」という戦車ゲームでございまして、そのゲームの公式アンバサダーに任命されてユーチューブでゲーム実況もやっていますから、仕事といえば仕事ではあるんですけれども、実際は「ただ楽しいからやっている」というのが実情でございまして。

 だからこそ、家にいるときは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら