容疑の副市長を再逮捕 宮崎・日南の官製談合事件

[PR]

 宮崎県日南市官製談合事件で、県警は4日、副市長の田中利郎容疑者(64)=官製談合防止法違反罪などで起訴=を別の官製談合防止法違反の疑いで再逮捕し、発表した。逮捕は3度目。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査2課によると、田中容疑者は2018年3月2日にあった台風被害に関する市道災害復旧工事の一般競争入札で、元日南地区建設業協会長で市内の元建設会社長小野耕嗣被告(67)=別の公共工事に関する競売入札妨害罪で起訴=に、工事の査定額など非公開の入札情報を教え、同社が代表となった共同企業体に2億4350万円で落札させた疑いがある。

 また、同月23日の別の市道災害復旧工事の指名競争入札でも小野被告に入札情報を伝え、別の建設業者に2960万円で落札させた疑いがある。

 いずれの入札も競売入札妨害容疑については時効の3年を過ぎているとみて、小野被告への調べは任意で進めている。