センバツ、観客数を1万人に制限 8日からチケット販売

[PR]

 日本高校野球連盟毎日新聞社は4日、第93回選抜大会(19日開幕、阪神甲子園球場)の観客数の上限を1万人に制限し、8日からチケットの販売を始めると発表した。

 甲子園球場のある兵庫県はこの日、新たな新型コロナウイルスの感染予防対策を公表し、これまで5千人としてきたイベントの人数上限を8日から21日まで1万人に緩和するとした。日本高野連の小倉好正事務局長は「政府と兵庫県の指針を参考に、入場者の上限を決めた」と説明した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策として行列を防ぎ、感染者が出た場合は経路を追えるようチケットは全席指定の前売りとした。窓口での販売は行わず、8日午前10時から「チケットぴあ」や「ローソンチケット」などウェブのみで販売する。出場校限定で販売するアルプス席のみ1試合ごとの入れ替えとし、1校あたりの上限を1千人とする。

 大会は休養日2日を含む13日間の日程で開催。出場32校の選手ら約1千人を対象にPCR検査を実施し、開会式は第1日に登場する6校のみで行われる。