[PR]

 異常なまでに陰惨で、女児の尊厳を全て否定するすさまじい虐待だ――

 千葉県の小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が2019年1月、虐待により死亡したとされる事件。東京高裁の近藤宏子裁判長は4日の控訴審判決で、傷害致死などの罪に問われた実父の勇一郎被告(43)による虐待を「悪質性が並外れて際立つ」と指摘し、懲役16年とした一審・千葉地裁判決を支持した。被告側の控訴は棄却された。

 被告はこの日、黒いスーツに白いシャツを着て出廷。判決が読み上げられると、刑務官に筆記用具を借りてメモを取り続けた。

 地裁は昨年3月、被告が丸2日間にわたり食事や十分な睡眠をとらせずに真冬の浴室に放置し、シャワーで冷水を顔に浴びせ続けたことなどを認めて実刑判決を言い渡した。被告は虐待行為の大半を否認していた。

 控訴審判決は、虐待が1年2カ月以上の長期間にわたっていたことを重視。「被告は児童相談所などの救いの手を徹底的に排除し、妻も暴力で支配して、被害児を孤立無援に追い込んだ」と指摘し、量刑不当と主張した弁護側の訴えを退けた。

 さらに、妻(34)=傷害幇助…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら