[PR]

 ▽ちょうちん手に光の道を

 茨城県立歴史館(水戸市)で、水戸の梅まつりと連動したライトアップイベントが開催されている。旧水海道小学校本館に映像を投影するプロジェクションマッピング(PM)と、「和」をテーマに小道を照らす「光の道」がある。

 外国人観光客の回復をにらみ、PMのプログラムは日本の四季を強調した内容にした。光の道は各所にびょうぶや和傘、提灯(ちょうちん)、風鈴などが設置され、参加者は手渡された提灯を片手にそぞろ歩いた。偕楽園の敷地につながり、園内で開催中のアートイベント「チームラボ 偕楽園 光の祭」(有料)の会場に行くことができる。

 ライトアップイベントは無料。PMは5日までで、午後6時から15分間。光の道は7日まで、日没~午後7時。

関連ニュース