ガンバ、6日の鹿島戦も中止 新たに1人感染、代替未定

新型コロナウイルス

[PR]

 サッカー・Jリーグは4日、6日のJ1ガンバ大阪鹿島アントラーズパナソニックスタジアム吹田)を中止すると発表した。ガ大阪でこの日、新たに選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定され、これでチーム内で計5選手とスタッフ1人の感染が確認されたため。リーグは「現時点で(ガ大阪内での)感染の影響範囲を確認できない」としている。代替日は未定。

 ガ大阪では2日から3日にかけ4選手とスタッフ1人が陽性判定を受け、3日のアウェー名古屋戦が中止になった。4日午前に選手ら計225人を対象に改めて検査を行ったところ、トップチームの選手1人が陽性判定を受けた。クラブによると大阪府からクラスター(感染者集団)と認定されたといい、保健所による濃厚接触者の特定作業が終わるまで選手は自宅待機とした。6日はホーム開幕戦となるはずだった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]