洗脳解け「苦しい」 動けない息子、母が電話したのは…

有料会員記事

板倉大地、川辺真改
[PR]

 福岡県篠栗(ささぐり)町で昨年4月、十分な食事を与えられず餓死した碇(いかり)翔士郎(しょうじろう)ちゃん(5)の亡くなる直前の状況について、逮捕された母親が関係者に説明している内容が取材でわかった。夕方、床にうずくまる翔士郎ちゃん。母親は119番通報をせず、知人の女を呼んだ。女は「大丈夫」。母親は信じて見守った。「しょうちゃん、元気になって」。言葉をかけ続けた。

 福岡県警は、翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず、低栄養状態にして死なせたとして、母親の無職碇利恵容疑者(39)と知人の無職赤堀恵美子容疑者(48)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕。県警によると、碇容疑者は容疑を認め、赤堀容疑者は「一切やっていない」と否認しているという。

 両容疑者は同じ幼稚園の保護者同士。県警は、赤堀容疑者が子育てなどを通して碇家に入り込んで家計を管理し、架空のトラブルの示談金名目で金をだまし取るなどして、これまでに計1200万円以上を受け取ったとみている。一方、碇容疑者は実際にトラブルを解決してくれたと信じ、赤堀容疑者の指示通りに動くようになっていたとみている。

訴えた窮状、受け取った米6合

 碇容疑者は翔士郎ちゃんが亡くなる直前の状況について、関係者に次のように説明しているという。

 赤堀容疑者は碇家の食費を切…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら