コンニャク減量、重圧で不眠…少年は柔道に傷つけられた

有料会員記事

塩谷耕吾
[PR]

考えさせて伸ばすには?

 「やっぱり、柔道がしたいな」

 1年間の浪人生活を経て関東の大学に合格したタカシ(仮名)は体育会柔道部の道場へ見学に行った。

 熱気のある稽古を見てレベルの高さにかすかな興奮を覚えた半面、胸の内に重たい感情がわき上がった。

 「勝利を求められたり、責任が伴ったりする柔道は、もうしたくない」

 タカシは結局、この大学の柔道サークルに入る。

 そして、あることに気づいた。

 「サークルには、自分と同じように柔道で傷ついた仲間が何人かいた。もしかしたら、自分が経験したことは、よくある『構造的な問題』なのかもしれない」

連載「子どもとスポーツ」

 子どものスポーツの現状を掘り下げる連載の第2シリーズです。テーマは「主体性」。タカシの道場と、タカシ自身に起こった変化とは。記事後半で紹介します。

 中部地方出身のタカシは、小学1年生の時、地元の柔道場に通い始めた。

 練習は週3回。あまり強い道場ではなかった。みんなでよく山登りやバーベキューに行った。

 「アットホームで楽しい道場だった」

 4年生の時、他県から引っ越してきた同級生が入門してきた。最初は同じくらいの実力だったのに、一緒に練習していくうちに彼はメキメキと頭角を現した。

 その成長を見つめる道場の先…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら