(千田先生のお城探訪)ガラシャ 自身で選んだ死

有料会員記事

千田嘉博・城郭考古学者
[PR]

戦国の城と女性(下)勝龍寺城

 戦国の世に強い意志を貫いた女性に、細川玉(のちのガラシャ)がいた。彼女は明智光秀の娘で、細川忠興に16歳で嫁いだ。しかし京都府の勝龍寺城で祝言を挙げたふたりの幸せなくらしは長くつづかなかった。実父の光秀が起こした本能寺の変で光秀に従わなかった忠興は、玉を離縁して山村に幽閉した。

 その後、天下人になった豊臣…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載千田先生のお城探訪

この連載の一覧を見る