[PR]

 総務省の谷脇康彦・総務審議官ら複数の幹部がNTT側から接待されたと報じられた問題で、武田良太総務相は5日の閣議後会見で「報道された職員に限定せず、可能な限り対象職員を広げて徹底的に調査するよう指示を出した」と述べた。接待と疑われる事案が再び浮上したことを受け、「本当に重ね重ね、行政と国家公務員への疑念を招くに至り、おわびを申し上げたい」と陳謝した。

 谷脇氏は4日の国会でNTT社長らと計3回の会食があったと認めたうえで、一定額を払って相応の負担をしたと認識していたと説明していた。

 総務省が放送関連会社からの接待問題を受けて設置する予定の検証委員会については、武田氏は「有識者にいろいろ話を伺ってる段階。できるだけ早急に立ち上げられるよう努力したい」と語った。