富山の交番襲撃事件、元自衛官に無期懲役判決 地裁

竹田和博
[PR]

 富山市で2018年、交番が襲撃され、警察官と警備員が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元自衛官島津慧大(けいた)被告(24)=富山県立山町=の裁判員裁判の判決が5日、富山地裁であった。大村泰平裁判長は無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。

 起訴状によると、被告は18年6月26日、富山市久方町の奥田交番付近で稲泉健一警部補(当時46)を刃物で殺害して拳銃を奪い、近くの小学校にいた警備員の中村信一さん(同68)を射殺するなどしたとされる。

 争点は、法定刑が死刑または無期懲役の強盗殺人罪が成立するかどうか、事件後に診断された自閉症スペクトラム障害(ASD)が影響したかどうかだった。

 検察側は、拳銃を奪うつもりで警察官を殺害したとして強盗殺人罪を主張。社会への不平・不満から警察官と戦って力を示したいという「身勝手で理不尽な動機」と指摘し、ASDの影響は間接的・限定的として死刑を求刑した。

 弁護側は、警察官の殺害後に拳銃を奪おうとしたとして、殺人と窃盗罪にとどまると反論。ASDの影響で、いじめなどを受けたこと、適切な療育や支援がなかったことを挙げ無期懲役を求めた。

 被告は裁判で認否や質問に一切答えず、何も語らなかった。(竹田和博)