「愛国者による香港統治」選挙制度を審議 全人代が開幕

有料会員記事

北京=西山明宏、冨名腰隆

拡大する写真・図版北京で5日、全国人民代表大会の開幕式で人民大会堂に入った中国の習近平国家主席=ロイター。ほとんどの出席者がマスクをしていた

[PR]

 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が5日、北京の人民大会堂で開幕した。李克強(リーコーチアン)首相は政府活動報告で今年の経済成長率目標を「6%以上」に設定し、中期経済方針「第14次5カ年計画案」を説明。「愛国者による香港統治」を定める選挙制度改変案も提出された。国防予算は前年比6・8%増とした。「ポストコロナ時代」を見据える中国が、その青写真を示す全人代になる。

 会期は11日までの7日間。新型コロナウイルスの影響で短縮された昨年と同じ会期となった。

 李氏は政府活動報告で、早期に新型コロナを抑え込んだ結果、昨年の国内総生産(GDP)が前年比2・3%増だった成果をアピール。「世界が注目し、歴史に刻まれる結果を出した」と誇った。今年の経済成長率目標について、市場の予想は8%前後が多かったが、「6%以上」と控えめに設定。昨年は新型コロナを理由に目標を発表していなかった。

今回の全人代では香港の選挙制度改変案も審議されます。どこまで具体的な案が出てくるか。記事の後半で触れています。

 一方、第14次5カ年計画案…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら