[PR]

 与野党の国会対策委員長が5日会談し、立憲民主党の安住淳国対委員長は、首都圏4都県の緊急事態宣言の延長方針を説明する5日夕の衆院議院運営委員会に菅義偉首相が出席することを改めて求めた。だが、自民党の森山裕国対委員長は、西村康稔経済再生相が説明するとして、首相の出席を拒否した。

 会談後、安住氏は記者団に「総理が自ら国民に示した基準はもう満たしている。もし延長するのであれば、するなりの理由がなければここまで我慢していた人たちにとっては耐えがたいことではないか」と指摘。「決断をしたのは、西村さんではなくて総理のはずなんだから、総理が国会に来て話さなければ始まらないんじゃないですか」と首相の姿勢を批判した。