「サバイバル」漫画の作者が語る 1千万部超えの理由

有料会員記事

[PR]

 世界各国で人気を集める「科学漫画サバイバル」シリーズが、日本国内でも1千万部を超えた。「深海のサバイバル」「超高層ビルのサバイバル」などで、ジオやピピたちが登場する漫画を描くのが、韓賢東(ハン・ヒョンドン)さんだ。東日本大震災から10年に合わせて出版される「防災のサバイバル」の作画も担当。日本での人気や読者への思いについて、文書で取材に応じた。タフな少年ジオを描く韓さんだが、この作品の締め切りは病院で迎えることになったという裏話も。

 

 ――「サバイバル」シリーズは、世界中の子どもが楽しんでいます。漫画を描く上で、どのようなことを心がけていますか。

 私が幼い頃のことを思い出してみると、必要なのは、想像力と表現欲求だと思います。

 最近は技術と資本を使った立派なSF映画やファンタジー映画がたくさんありますが、その想像力の多くは、昔から漫画を通じて接することが出来たものです。子どもたちの好きなマーベル映画も、すべて漫画の想像力から始まっています。

 漫画にとって想像力は欠かす…

この記事は有料会員記事です。残り1238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら