京都市が「脱石炭連盟」に加盟 日本から初

有料会員記事

神田明美
[PR]

 京都市は、石炭火力発電からの脱却を目指す「脱石炭連盟」に、日本から初めて加盟した。市内に石炭火力発電所はなく、新規建設計画もないが、再生可能エネルギーを増やし、温暖化対策を後押しするため参加を決めた。

 脱石炭連盟は、英国とカナダの主導で2017年にできた国際的なグループだ。5日時点でドイツや米国カリフォルニア州など36カ国、36地方政府・自治体、50の企業・団体が加盟。石炭火力の廃止時期の目標を持つ国もある。

 京都市が加盟することは、門川大作市長が3日、連盟のオンライン会合で表明した。50年までに、京都市二酸化炭素(CO2)排出を森林による吸収などとの差し引きで「実質ゼロ」、日本政府も温室効果ガス排出「実質ゼロ」を掲げている。

 門川市長は「50年実質ゼロは絶対に実現しないといけない。そのために石炭を含む化石燃料から、再生可能エネルギーへの転換の流れを大きなものとしていくため、日本の自治体の長として初めて参加することを決意した」と語った。

 国連のグテーレス事務総長は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら