[PR]

 自民党の世耕弘成参院幹事長は5日の記者会見で、「2週間」とされた首都圏4都県での緊急事態宣言の延長幅について問われ、「2週間の合理性というのを説明することは不可能だ」と述べた。

 世耕氏は会見で、「これは誰も答えはわからない。いったい何日だったらちょうどいいのかというのは、わからない」と強調。「2週間と言っているが、例えば(延長してから)3日から4日で、もうこれは大丈夫だという状況が来れば、そこで(宣言を)止めればいい」と語った。そのうえで、政府の方針について「専門家のアドバイスも聞きながら、やはり一定期間、様子を見るには2週間ぐらいはいるという判断だったと思う」とも述べた。