[PR]

 財務省は5日、知的財産を侵害しているとして2020年に輸入を差し止めた偽ブランド品などは、58万9219点だったと発表した。正規品として売買された場合、偽ブランド品の価値は推計で総額約136億円になるという。

 人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを無断で使ったスマートフォンケースや、東京五輪・パラリンピック関連のロゴなどを許可なく使ったレプリカメダルなどがあった。

 大口の案件があった19年に比べて、差し止め点数は4割減った。