富山の交番襲撃「居場所なく…」と酌量も 無期懲役判決

有料会員記事

竹田和博 編集委員・吉田伸八、田島知樹
[PR]

 富山市で2018年、交番が襲撃され、警察官と警備員が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元自衛官島津慧大(けいた)被告(24)の裁判員裁判の判決が5日、富山地裁であった。大村泰平裁判長は「残忍かつ冷酷な犯行」として無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。

 一方、判決は警察官を殺害した行為について、殺人より法定刑が重い強盗殺人罪の成立を否定。また事件後に診断された被告の自閉症スペクトラム障害(ASD)の影響が一定程度あるとして「死刑を選択することがやむを得ないとまではいえない」と述べた。

 判決によると、島津被告は18年6月26日午後2時過ぎごろ、富山市久方町の奥田交番付近で稲泉健一警部補(当時46)を刃物で殺害して拳銃を取り、近くの小学校にいた警備員の中村信一さん(同68)を射殺するなどした。

 強盗殺人罪の成否について、判決は犯行前に拳銃を奪おうと考えたとする検察の主張に対し、被告の供述から「合理的な疑いが残る」として成立を否定。殺人と拳銃に対する窃盗罪にとどまるとした。

 ASDの影響については、判決は極めて強固な殺意に基づく犯行として完全責任能力を認定し、アルバイト先で注意されたことを機に警察官と戦って殺そうとした動機を、「『八つ当たり』以外の何物でもなく身勝手で酌量すべき点は全くない」と指摘した。

 一方、周囲から孤立し、いじめを受けた被告の過去などに言及し「社会で居場所を定めることができない自身への失望や嫌悪感から自暴自棄になった」と述べ、「犯行に至る経緯などで本人の努力でいかんともしがたいASDの影響が様々な面で表れ、犯行以前に診断の機会を逸した」として「一定程度酌むべき事情がある」と量刑の理由を説明した。

 被告は裁判で認否や質問に何も語らなかった。

 富山地検の西岡剛次席検事は「判決内容を精査し、上級庁などと協議した上で対応を検討したい」とコメントした。(竹田和博)

各地で進む安全対策

 富山市で18年、交番の警察官が殺害され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件では、地域の守り手である交番の安全対策も問われた。

 富山市の富山中央署奥田交番…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら