「平手打ちされ本塁打」の幻想 息子が書いた「こわい」

有料記事

木村健一
[PR]

考えさせて伸ばすには?

 お父さんこえー(怖い)

 野球少年の長男が小学3年生だった2017年、学習塾で書いた作文のタイトルだ。

 こんな書き出しだ。

 「ぼくのお父さんは、こわいです。なぜなら野球ですこしとれなかっただけでお父さんはおこります」

 長男は東京都内の少年野球チームで捕手をしていた。

 私は、そのチームのコーチだった。

 私自身、小学生の頃に野球をやっていた。「怖い」コーチになってしまったのは、当時の体験があったからだろう。

 神奈川県の強いチームだった。長く指導していた監督とコーチは、いつも怖かった。それでも、先輩たちが毎年のように甲子園で活躍するのが誇らしかった。

 試合で走塁ミスを犯し、ベンチに戻った時のこと。監督に平手打ちされた。父親にも殴られたことはなかったのに。

 悔しくて、悲しかった。涙を…

この記事は有料記事です。残り1844文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!