第2回新たな命に亡き夫の面影 生きる、色あせぬ思い出と共に

有料会員記事

盛岡総局・緒方雄大
写真・図版
津波が押し寄せ、陸前高田市では約4千世帯の家屋に大きな被害が出た。菅野佳代子さんが住む家も流された=2011年3月11日、岩手県陸前高田市、吉田志穂さん提供
[PR]

 岩手県陸前高田市の菅野(かんの)佳代子さん(60)が夫の誠さんと出会ったのは、中学生のときだった。

 13歳の誕生日、キラキラ光るガラス玉にチェーンがついたネックレスをもらった。学校では口をきかず、家で親の目を盗んで長電話をした。高校を卒業して初めてのデートは映画。よくドライブにも行った。

特集「海からみた被災地」

 東日本大震災による津波は、陸地だけでなく海の中にも大きな被害をもたらした。大量のがれき、失われた漁場……。豊かな海はこの10年でどう変わったのか。水深35メートルまで潜ってみた。

 23歳で結婚し、3人の子に恵まれた。誠さんは市役所で働き、佳代子さんは福祉の仕事をした。

写真・図版
菅野誠さん=佳代子さん提供

 2011年3月3日。「お母さん、ケーキ買ってきたから食べるべし(食べよう)」。夜中に2人で食べた。

 3月10日。「お母さん、韓流ドラマ見るべし」。疲れていたから断った。

 夫はよくしゃべる人。仲のよさが自慢だった。

写真・図版
岩手県陸前高田市

 《東日本大震災による陸前高田市の死者・行方不明者は1761人。津波による家屋の被害は市内の半数にあたる4065世帯にのぼった》

 3月16日。市内の体育館で黒い袋に包まれ、横たわる夫と対面した。避難誘導中に津波に巻き込まれたと聞かされた。50歳だった。

 「なんでここにいるの」。夫のほおをたたく。あごに小さい傷があるだけで、まるで寝ているように見える。「なんで置いていくの」。泣き続けた。

 夫が身につけていた指輪を外…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。