[PR]

 ロンドンのユーストン駅で2日夜、出発30分前の列車の屋根にネコがいるのが見つかり、2時間半に及ぶ救出作業の末、助け出された。列車は時速約200キロのスピードが出る高速車両で、ネコは危険な「ヒッチハイク」が始まる寸前に下車することができた。

 英国の鉄道会社「ネットワークレール」が3日、同社のHPで発表した。

 同社によると、2日午後8時半ごろ、英中部マンチェスター行きの列車の屋根の上に「目を大きく見開いて恐怖におびえているネコ」がいるのが発見されたという。だが、ネコがいた車両のすぐ上には2万5千ボルトの電流が流れる電線があり救出は困難を極めた。

 最終的には、怖がるネコを助け出すために、車両の屋根と同じ高さに箱を押し上げて、ネコ用の「プラットフォーム」が準備され、ネコは無事に助け出された。乗客は別の列車に振り替え輸送され、遅れも少しで済んだという。

 ネコがどのようにして列車の屋根にのぼったのかはわかっていない。同駅の責任者は「しばしば駅構内に入り込んだ鳥に対処しなければならないことがあるが、(走行中の列車の屋根に乗る)列車サーフィンをするネコは初めてだ。幸いなことに、好奇心が身を滅ぼすということにならなかった」と話しているという。(杉崎慎弥