錦織圭、競り負け4強逃がす 「自身への期待が硬さに」

有料会員記事

稲垣康介
[PR]

 男子テニスのABN・AMROワールドは5日、オランダのロッテルダムで行われ、シングルス準々決勝で世界ランキング45位の錦織圭日清食品)は同26位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)に6―7、6―7で競り負けた。

 ともに相手に与えたブレークポイントの約8割をしのぐ、引き締まった好勝負。2セットともタイブレークの後半で強力サーブを含めて精度と集中力を上げたチョリッチに屈し、錦織は4強入りを逃した。

 つくづくテニスは心理面が勝負を左右する、と再認識させられた惜敗だ。

 錦織は「それまでの2試合が良かったので、自分に期待感があり、勝ちたいという気持ちが前に出たのか硬くなった」と振り返り、「振り切れなかった」「自分から打てなかった」と、反省を口にした。

 確かに世界19位、23位の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら