[PR]

 沖縄県警は6日、沖縄本島と離島間を運航する定期船に侵入したとして、在沖米海兵隊キャンプ・コートニー(うるま市)所属の海兵隊伍長ホルヘ・ムリロ容疑者(21)を艦船侵入容疑で現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 那覇署によると、ムリロ容疑者は6日午前2時45分ごろ、那覇市の港に係留していた粟国村のフェリーに侵入した疑いがある。

 「船に侵入している人がいる」と目撃者から通報を受けて駆けつけた警察官が、デッキの上に立っているムリロ容疑者を発見した。当時、酒に酔っている様子だったという。

 船体への被害は確認されておらず、署が詳しい経緯を調べている。粟国村によると、運航への影響はなかった。