5歳児餓死 「支配」解いた県警、北九州・久留米の経験

有料会員記事

板倉大地、川辺真改、松本江里加
[PR]

 福岡県篠栗(ささぐり)町のマンションで昨年4月、5歳の碇(いかり)翔士郎ちゃんが餓死した事件で、母親が知人の女から受けていたとされる「マインドコントロール」を福岡県警の捜査員らが解いていった様子が、捜査関係者への取材で明らかになった。

 捜査関係者によると、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された赤堀恵美子容疑者(48)は2018年5月ごろ、翔士郎ちゃんの母親の碇利恵容疑者(39)=同容疑で逮捕=に「(両容疑者が)ママ友に提訴された」と作り話で不安にさせた後、「ボス」と呼ぶ別の保護者が解決してくれたとして示談金名目で現金を要求したという。県警はこの一件が赤堀容疑者による「支配」の始まりとみる。

 さらに赤堀容疑者は「ママ友がLINEであなたの悪口を言っている」とうそをついたり、示談金を捻出させるために一家の食事を制限するよう指示するなかで「ボスが監視カメラで見張っている」と脅したりしたという。碇容疑者は次第に周囲から孤立し、赤堀容疑者が唯一の相談相手になり、徐々にマインドコントロール状態に陥っていったという。

記事後半では、福岡県内でおきた過去の事件との共通点などに関して、識者に話を聞いています。

 碇容疑者が指示通りに食事を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。