渡辺雄太が得た信頼感、八村塁がぶつかる壁 倉石平の目

有料会員記事

聞き手・河野正樹
[PR]

 プロバスケットボールNBAは前半戦を終え、オールスターの中断期間に入った。ラプターズの渡辺雄太(26)はNBA3年目にして初めて先発を経験し、ウィザーズの八村塁(23)は2年目の今季も先発の座を不動にしている。元男子日本代表監督で、NBA解説者の倉石平(おさむ)さんに前半戦を振り返ってもらった。

    ◇

無個性が信頼を生む個性に

渡辺雄太の前半戦の成績

出場試合22試合 平均プレー時間12.2分 平均得点2.7点 平均リバウンド3.2回 平均アシスト0.4回

 渡辺雄太が3日のピストンズ戦に先発した。新型コロナウイルスの影響で多くの選手が欠場したタイミングとはいえ、ドラフト外から先発まで到達し、非常に意義深い試合になった。NBA選手になるのですら狭き門。まして先発となれば、その価値はぐっと高まる。

 実は、スタッツだけを見れば、平均プレー時間、平均得点、平均リバウンドなどは、グリズリーズでプレーした1年目の数字と大きく変わっていない。

 にもかかわらず、出場試合数…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら