拡大する写真・図版避難所となっている体育館の床に正座し、浪江町民らにおわびする東京電力の清水正孝社長(当時、手前左から2人目)=2011年5月4日、福島県二本松市

[PR]

 床に正座をする青い作業着姿の7人の男性。「本当に申し訳ありませんでした」。床に手をつき、深々と頭を下げた。

 2011年5月4日、福島県二本松市の体育館。土下座をしたのは、原発事故を起こした東京電力の清水正孝社長(当時)らだった。約55キロ離れた浪江(なみえ)町から避難した住民約200人が、それを見ていた。

特集「海からみた被災地」
 東日本大震災による津波は、陸地だけでなく海の中にも大きな被害をもたらした。大量のがれき、失われた漁場……。豊かな海はこの10年でどう変わったのか。水深35メートルまで潜ってみた。

 《事故で東電福島第一原発から20キロ圏内など約8万人が避難を強いられた》

拡大する写真・図版福島県浪江町

 「いつ帰れるの」「賠償はいつになるのか」。怒りの声に、社長は「申し訳ありません」と繰り返した。

 原田雄一さん(71)が手を挙げた。声が震えた。

 「社長さんは、請戸(うけど)に行かれましたか。まず行って、亡くなった人に頭を下げるべきじゃないでしょうか」

 沿岸の請戸地区は津波に襲われ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら