[PR]

(6日、J1=FC東京3―2セレッソ大阪)

 なりふり構わない指揮官の執念がFC東京に今季初の勝ち点3をもたらした。

 2度リードされて追いついて迎えた後半追加時間。レアンドロのフリーキックを森重真人が頭で合わせると、ゴールネットが揺れた。決勝ゴールを挙げた森重は「全員で勝ち取った勝利」と喜んだ。

 前半は決定機をほぼつくれず、シュートは5本。攻撃のバリエーションが乏しく、課題とする得点力の乏しさが目についた。

 ハーフタイム、今季の目標に「優勝」を掲げる長谷川健太監督が動いた。

 「ゲームプランの一つにあ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら