交差点で89歳転倒 「ひとごとでない」15歳は走った

坂井俊彦
[PR]

 埼玉県警熊谷署は5日、89歳の女性が乗った自転車と軽乗用車の事故を目撃し、近くの病院に事故を知らせた熊谷市立三尻中学校3年の中村心(しん)さん(15)と木下陸さん(15)の2人に人命救助功労の感謝状を贈った。

 署によると、事故は先月25日午後2時40分ごろ、同市拾六間の市道交差点で起きた。女性は頭部を強く打って出血し、転倒した。道路端を歩いて帰宅中だった2人を追い越し、約20メートル先の交差点に一時停止せずに入ったとみられる。

 中村さんは「横を通り過ぎていった人の事故。ひとごとでない」と思った。約100メートル離れた病院まで走り、応援を求めた。病院も素早く応じ、看護師が現場に駆け付け、頭部の手当てや血圧測定といった初期の対応を施した。木下さんは「大丈夫ですか」と声をかけ続け、見守った。女性は入院中だが、命に別条はないという。(坂井俊彦)