[PR]

 フランスの女子フェンシング選手、イサオラ・チブスさん(29)は、スポーツ界での男女やジェンダーの格差をなくしたいと思い、女子選手の地位を高めるための活動を始めました。黒人でもあり、差別を受けてきたと言いますが、「大事なのは嫌な思いをしたリストを作ることではない」と話します。思いを聞きました。

     ◇

 残念ながらスポーツ界で男女やジェンダーによる格差は存在します。でも成長しようと一生懸命なのは男性だけではありません。女性のパフォーマンスにだって価値はあると思います。

 だから不平等を話し合うだけでなく、女性の権限を強めていきたい。目標は「女子スポーツが正当な扱いを受けること」です。

 もし男子競技と同じように資金力があり、メディアなどからの注目度が与えられれば、女子スポーツの魅力を理解してくれる人が増えるかもしれません。そう思い立ち、昨春にプラットフォームをつくりました。

 1対1のオンライン対談「Es…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら