ハンスト終了、遺骨ふくむ土砂「基地の賛否以前の問題」

有料会員記事沖縄はいま

国吉美香
[PR]

 沖縄戦の遺骨収集を続けてきた具志堅隆松(たかまつ)さん(67)が6日、那覇市での6日間にわたるハンガーストライキを終えた。いまなお遺骨が見つかっている沖縄本島南部から、米軍基地建設のための土砂採掘が計画されていることへの抗議だった。

 戦争体験者をはじめ連日多くの人が励ましに訪れ、1万数千人規模の署名も集まっているという。

 土砂採掘は、大規模な埋め立てを伴う米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐって政府が計画。本島南部は76年前の地上戦の激戦地だった。

 「自分の兄も(南部の)糸満…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]