[PR]

 東日本大震災から10年を迎えるのを前に、ニューヨーク在住の日本人らが6日夜(日本時間7日朝)、追悼式典を開いた。主催者代表で音楽家のAK(アケミ・カキハラ)さんは「どれだけの月日が流れても、離れていても、『忘れない』と約束したい」と語った。

 ニューヨークの式典は有志13人が中心になり、震災翌年から毎年開いてきた。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止になったが、今年は被災者から動画を提供してもらい、オンラインで開催にこぎつけた。

 宮城県石巻市の佐藤美香さんは、6歳で亡くなった長女・愛梨さんが最期にはいていた靴を見せながら、「今後の防災のあり方を考えてくれるきっかけになればいいと思っている」と語った。

 福島県相馬市のみなと保育園の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら