月組トップ珠城りょう、スーツ姿で幽霊に 原作はあの人

有料会員記事宝塚歌劇団

杢田光
[PR]

 宝塚歌劇団の月組トップスター珠城(たまき)りょうがスーツ姿の幽霊に――。「幽霊刑事(デカ)~サヨナラする、その前に~」(脚本・演出は石田昌也)が3月7日、宝塚バウホール(兵庫県宝塚市)で始まった。

 有栖川有栖のミステリー小説をミュージカル化した。ある日、主人公で刑事の神崎達也(珠城)は突然上司に射殺されて幽霊になってしまう。犯人を殴ってやりたいが、手が体をすり抜けてしまい殴れない。親きょうだいに話しかけても気づいてもらえない。幽霊だから。

 結婚まぢかだった恋人(天紫珠李(あましじゅり))とも言葉を交わせない。代わりに何度も後ろから抱きしめる。すっぽり包み込む珠城の大きな腕にほれぼれ。

 中盤では、ショパンの「別れの曲」にのせて2人で踊る。届くことのない熱いまなざしが甘く切なかった。

 唯一の頼みの綱は、鳳月杏(…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら