海賊版の輸入差し止め急増 「鬼滅」も…巣ごもり需要で

添田樹紀
[PR]

 大阪税関は5日、2020年に輸入を差し止めた知的財産侵害品が18万6245点だったと発表した。19年にサプリメント関連品を約21万点差し止める特異ケースがあったため、前年比は54・1%減になったが、引き続き高水準という。

 税関によると、約8割は中国からだった。新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要の高まりで、「鬼滅の刃」などの人気アニメやミュージックビデオの海賊版を含むCD・DVD類が7530点と、19年の約19倍に増えた。意匠権を侵害するゲーム機用のコントローラーも、3倍近くに増えたという。

 輸送形態別では、郵便が6万9927点で、19年の1・4倍になった。税関はネット通販などによる小口取引が増えたとみている。(添田樹紀)