[PR]

 朝鮮半島の有事を想定した米韓合同軍事演習が8日に始まった。18日までの週末を除いた9日間、コンピューターを使った机上の小規模の指揮所演習を行う。春の合同演習は2年ぶりで、米韓は演習に反対する北朝鮮の動向も警戒している。

 韓国国防省は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大規模な演習は見送るとしている。韓国の国防関係者によると、南北関係の進展を望み、合同演習に反対する北朝鮮を刺激したくないという文在寅(ムンジェイン)政権の意向も反映されたという。

 米韓は、北朝鮮が融和姿勢に転じた2018年から、春と夏の合同演習の期間や規模を縮小した。コスト面から大規模演習に後ろ向きな米国のトランプ前大統領の意向も大きかった。今年も朝鮮半島の有事を想定し、コンピューターシミュレーションで北朝鮮を制圧する軍事作戦を進める指揮所訓練にとどめ、野外演習は行わない。韓国の国防関係者からは有事の対応能力に不安の声も上がる。

 一方、北朝鮮の金正恩総書記は1月の朝鮮労働党大会で、韓国を「米国との合同軍事演習を中止すべきであるという我々の再三の警告に顔を背けている」と批判。北朝鮮が今回の演習を口実に、弾道ミサイル発射などの挑発行動を起こす可能性があると指摘する韓国の専門家もいる。(ソウル=鈴木拓也)